ずっと気になってた 1:18 グリーンライト Greenlight 1977年モデル Greenlight by 1/18 black/gold Bandit, the and Smokey Am Trans Pontiac 「トランザム7000」1977 トランザム ポンティアック-ミニカー・トイカー

ずっと気になってた 1:18 グリーンライト Greenlight 1977年モデル Greenlight by 1/18 black/gold Bandit, the and Smokey Am Trans Pontiac 「トランザム7000」1977 トランザム ポンティアック-ミニカー・トイカー












●スケール:1:18 ダイキャストカー

●メーカー:グリーンライト

●『トランザム7000』(Smokey and the Bandit)は、1977年に制作されたアメリカ合衆国の映画で、アクション映画、コメディ映画。

テキサス州の大富豪、イーノス親子は巷のトラッカー(トラック運転手)に無理難題の賭けを仕掛けていた。それはクアーズビール400ケースをテキサス州東部のテキサーカナで積んでジョージア州アトランタまでの片道900マイル(約1450km)を28時間で往復するというもの。当時クアーズビールはミシシッピ川より東へ持ち出すと密輸という条例があったため、速度超過と併せて積み荷をチェックされて逮捕され、賭けに失敗するトラッカーが続出していた。そこでイーノス親子は伝説のトラッカーであるバンディットにアトランタのトラックロデオ会場で会い、成功報酬8万ドルでこの賭けを挑む。バンディットはこの賭けに応じ、相棒のスノーマンとのコンビを復活させてテキサーカナへ向かう。これまではトラックに2人が乗って交替で運転していたが、今回はバンディットがイーノス親子から巻き上げた準備金で購入したポンティアック・ファイヤーバード・トランザム、スノーマンはバンディットのセミトレーラー(ケンワースW900Aトラクタ+HOBBSトレーラー)に分かれて仕事に取り掛かる。翌朝、テクサーカナでトレーラーにクアーズビール400ケースを積んでアトランタへ戻る途中、バンディットの乗るトランザムはウェディングドレス姿のキャリーに停められ、同乗させてもらえるよう頼まれる。キャリーは結婚式から逃げてきたところで、その後を追ってきたジャスティス保安官の息子と結婚するはずだった。それが火種となって、アトランタのサザンクラシックレース会場までバンディットたちとジャスティス保安官親子およびアーカンソー州・ミシシッピ州・アラバマ州・ジョージア州の各州警察との追跡劇が繰り広げられる。